複数の背景要因が、目の下のたるみにはあります。
たるみ対策に、ヒアルロン酸を注射して皮膚全体をふっくらさせたという方もいますが、それはたるみが少ない場合に限って可能です。ヒアルロン酸という成分は肌にすでにある成分であり、組織の保水性や形の維持、肌の柔軟性を保つ役割をします。肌が潤い豊かで、ふっくらとした感触があるある場合、ヒアルロン酸が多いためかもしれません。
ヒアルロン酸は、年齢を重ねるにつれ少なくなっていきます。ヒアルロン酸は、ひざやひじなどの関節部分にも多く使われています。ヒアルロン酸が年を取って少なくなると、関節の存在していた量が減り、痛みの原因になります。ヒアルロン酸注射って顔の表情が出にくくなるって聞いたことあるけどどうなんだろ。。たるみが小さくなってしまうわけです。目の下のたるみをヒアルロン酸で治療する場合、安上がりなだけでなく、長時間かかりませんし、すぐに顔を洗ったり化粧をできるという良さもあります。欠点としては、目の下のたるみに対するヒアルロン酸の効果は半年〜1年程度であること、脂肪の重みで垂れている場合は対応できないことなどがあります。
目の下のたるみを軽減する方法は色々ありますが、個々の方法によって特徴に差がありますので、皮膚科や整形外科で診察を受けるといいでしょう。




ヒアルロン酸をたるみやしわの気になる箇所に注入すると、ヒアルロン酸の効果で肌がふっくら!